<< 2018年12月
新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
2018.03.02 10:03

春まだ遠し

 空が壊れた様な大荒れの天気ですね。写真の青空が続いた日々が嘘のように思われます。なんか、毎年こんな事無かったのに異常だねと言っている気がします。Co2大量排出を原因とする地球温暖化の影響の基は全て人間活動に起因すると云われて久しく、テレビの国会討論を見るに付け、誰かこの非常時に対する問題提起を出来ないものだろうかと思います。なんて、本当は一個人が考え行動すべきなのですが、成す術も無く立ち尽くす感じがします。我々は仕事を通じて大工の伝統の技術の継承を目的とはしていましたが、その奥に木を扱い地域の山を大切にになければならないとの理念に基づく所からの意思の発動がありました。いよいよ本腰を入れて、自然素材でも本当に暖かくこの厳しさを乗り越えられる家造りに取り組まねばなるまいと切実に感じるのでした。

でも、牧水の「幾山河越えさり行かば寂しさのはてなん国ぞ今日も旅行く」の詩を久々に読んで、昔から人々は厳しい自然と対峙して来たのだと思い起こしました。そして日本人は、自然界の仕組みを生活の一部と化して上手く共生していた歴史と文化があるのだから、嘆く事だけでなく、悟りの心と見極めの知識を重ねて今の時代を乗り越えて行けたらいいのかなと思いました。