<< 2019年09月
新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
2019.07.29 12:32

水の音

 暑さ残夕暮れ時、浴衣で歩く子供の姿と、遠くから聞こえる花火の音に季節を感じています。
 写真は今日の好摩の庭です。水の滴る音が少しだけ清涼感を与えてくれます。(栗城)





2019.07.28 12:17

墨付け

 先日の日本プロジェクト産業協議会様の視察を頂いた際に同業の建築関係の方がいらしたのですが、その大手建築関係の方に「美しい、まるで芸術だ」と褒めて頂いた車椅子大工の墨付けです。












2019.07.27 10:03

鉈屋町の蔵改装工事完成

 昨日、鉈屋町の蔵ゲストハウス改装工事は無事お引渡しを済ませました。




2019.07.26 09:20

ゲストハウス完成

盛岡市鉈屋町の蔵修繕工事は耐震改修と断熱改修も加えた修繕工事でしたが、今月に入りゲストハウスとしての改装工事を加えて昨日何とか完成し本日午後、お引渡しの予定です。ゲストハウスオーナーは小野寺拓二様で、蔵の持ち主は三田農林(株)様ですが、ゲストハウスオーナーの「小野寺拓二」さんのお名前でネット検索すると、ゲストハウスの詳しい内容が確認出来ますので、是非覗いてみて頂ければ幸いです。そして、工事現場に描かれていた看板の絵を描いたのは当社の相川人生(あいかわひとみ)です。完成現場の写真と比べると、とても良く出来ていると私は感動しています。

窓の格子は中から空ける事が出来る様になります。京アニみたいな嫌な事は無いと信じますが、安全対策は確りとね!

この絵は、好摩の木のお店に展示しています。

 これは、三田農場様で倉庫の屋根裏を片した時にいただいた、糸巻きを照明器具にしたものです。「三ツ」マークが確りと刻印されています。


2019.07.25 10:11

草刈り

 昨日は暑かったですね。その青空の下、葛巻の森と風の学校から移植したブルーベリー畑の草刈りをして来ました。写真の通り、左手で草刈り機を持って出来る様になれたのです。エンジンも自分で掛けて、肩掛けを首に回して、金具を引っ掛けて体で持ち上げて、左手に持たせてから右手のアクセルをふかして作業します。足元は装具を外して安全靴で固めています。これで無事草刈り機を使用できるようになりました。半身麻痺でもこれが出来るのは正しく「知足」の心持ちになります。相変わらず不自由に違いはないのですが、少しの変化に心が喜ぶ充実感に満たされています。そして、久し振りに汗で服が濡れる働いた感も良いもんですね・・・でも、家に戻り寛いでいると、疲れたのか眠くて仕方ありませんでした。やはり、夏は汗を流すのが真っ当な生き方だと思います。



 とにかく、草ぼうぼうで、酷い状態です。近くないので、しょっちゅう来れないのがネックです。運転免許のシュミレーションを合格できれば自分で車を運転出来るのですが、それが難しくて悩みです。



 ここは八幡平市の白樺の郷分譲地です。まだ売地看板が見えます。100万以内らしき雰囲気ですから、気になる方は調べてみると良いと思います。
2019.07.24 11:49

運命の巡り

 昨日は本当に色々な事が御座いました。日本の森林再生や林業の復興に関係する団体の方々の視察をいただいたのです。今後どんな展開があるのかと期待が膨らみます。そして夕方、あの「石雲禅寺」に竈を奉納して来たのです。その際にお寺も拝見させて頂きまして、「知足観音」の立像の前に立った瞬間、ごく自然に両手を合わせて拝むことが出来たのです。そうです。動かない筈の左腕が動いたのです。信じられない出来事が起こる奇跡の瞬間を一緒に竈を運んだ秀さんも見ていたので、嘘では御座いません。今日の写真は、その石雲禅寺の内部外部の一部をご紹介させて頂きます。














2019.07.23 09:38

雨の通勤路

 今朝は雨の朝です。昨日の夕方なんて、虫の鳴き声が辺り一面に響き渡りまるで秋の様な寂し気な夕方でした。しかも5時になると遠くからお寺の吊り鐘を叩く音が聞こえて、更に寂しさを運んで来るのです。でも、まだあの暑い夏が来ていません。絶対的に変な令和元年初めての夏です。写真は雨の通勤路です。





 何気なく写した景色ですが、畦道の遠く先に2頭の動物らしき物体が写り込んでしまいました。まさか熊ではないよなぁー?
2019.07.22 09:57

一里塚祭り

 昨日は、毎年恒例の緑ヶ丘一縷塚祭りで、アネックス川徳前が大賑わいでした。先々週歩いたことを思い出しながらカメラマンになって、孫たちを写しまくりました。これを皮切りに、各地で夏祭りが盛り上がる季節です。梅雨明け宣言を早く欲しいものですね。









 我が故郷の岩泉町からの出店もありました。
2019.07.21 11:50

鹿出没

 釜石の新築現場には写真の様に鹿が群れで出没します。原因は色々だと思いますが、自然界に生じている異常事態の一因には我々人間も影響が無い筈がありません。京都議定書の温室ガス6%削減目標の2012年は既に過ぎて、パリ協定にしても2020年頃には何らかの貢献策が見えて来る時期として世界で採択されましたが、日本で来年それが見えるでしょうか?では2030年ならどうですか?2040年に出来るでしょうか?2050年なら可能ですか?いや無理と思うでしょうか?その様な問いかけが先週の金曜日のセミナー会場でありました。大勢が手を上げたのは無理、出来ないでした。本当にそれで良いのでしょうか。我々には出来ることがある筈です。家造りに於いても、地元の山の木を自然の風で乾かしての家造りを杢創舎は行っています。断熱性能を高めて、省エネで快適に暮らせる住まいを建てております。これをやり続けるには困難もありましたが、敢て踏ん張り頑張り努力してきての現在があります。でも、本当の意味で、地球温暖化のバリケードとなることが出来ているのかを問われた気分にもなりました。良い意味で刺激を受けたセミナーでした。そして、この鹿の写真です。可愛いけどもね・・・





 民家のすぐ脇にもこの様に無警戒です。

 丸々と太ってますね。
2019.07.20 09:31

石積み

 鉈屋町の蔵修繕工事が修繕が完了したので、現在はゲストハウスとしての工事が進んでいます。でも、外部では修繕工事の続きで、蔵の腰下を雨や積雪から守る為の石積みをしているところです。今月末の完成予定です。













<<前へ  6 | 7 | 8 | 9 | 10  >>次へ