<< 2018年10月
新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
2018.10.16 10:19

材木町の大改修

 材木町の大改修現場では屋根断熱が進んでいました。






2018.10.15 09:25

仙北の新築

 内装も進み外部の仕上げも進んだ新築現場です。11月上旬の完成見学会を予定させて頂きました。








2018.10.14 10:55

釜石の新築

 玄関ポーチの土間コンクリートを打設しながらも、土台の敷き込みも進んだ新築現場です。












2018.10.13 09:35

釜石の新築

 犬走のコンクリート打設が進んでいます。








2018.10.13 09:32

下太田の新築

 下太田の基礎工事の進捗です。




2018.10.12 10:25

長田町の大改修

 屋根瓦を取り外して、身軽になった大改修現場です。






2018.10.11 13:26

釜石の新築

 釜石の新築工事現場には今日も建て方材が搬送されて行きました。でも、上棟準備はまだコツコツと取り組まれていました。

 8寸角の通し柱と大きな大黒柱が5本建つ予定です。




 大分丸くなってきました。現場で犬走を施工中の小笠原大工から外柱の高さの連絡を待ち、好摩で丸柱の長さも確定出来たら切り詰める予定で連絡を待ちながら仕上げています。







 刻みの仕上げには工藤大工が応援に入り、その熟練の技を若手に見せ付けてくれています。この大量の梁が1棟に全てつぎ込まれますから、その迫力の凄さが目に浮かびます。


 大工にとって道具の手入れは必須なのです。若者がそれを理解してとても良く取り組んでいます。
2018.10.10 13:13

釜石の新築

 本日、土台を積み込んで搬送が始まりました。そこで、まだ墨付けが終わらない大和田は焦ってきました。でもみんなのサポートを受けて一つずつきちんと取り組んでいます。



 20代の若手三人衆も、今回の貴重な体験はそう何度も出来ないと解っているので、意気揚々としています。

 小畑が鉋を掛けているのは、黄肌の大黒柱です。




 高橋はヤリガンナで丸柱造りしていましたが、建て方が始まるので懸命です。


 遠山棟梁の姿勢は何時見ても凛々しくてカッコいいものです。

2018.10.09 13:03

上田の大改修

 本日無事お引渡しとなりましたが、見学の機会を頂く事ができましたので、ご要望御座いましたら、100年が経過した民家でもきちんと断熱改修と構造補強も可能だという実例を是非ともご見学いただければ幸いです。とりあえず年内はご見学可能です。お問い合わせのほど、何卒よろしくお願い申し上げます。


















2018.10.08 10:17

仙北の新築

 内装の進捗風景です。








1 | 2 | 3 | 4 | 5  >>次へ