杢創舎好摩便り
<< 2018年08月
新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
2018.06.25 14:34

作業場

好摩の木材置き場には大工造作で主に使う、節の少ない材料を種類毎に分けて立掛けてあります。
2018.02.06 17:23

府金くん

多能工として大活躍の府金くん。
ネコ好きでもある彼は、仕事帰りにタイガくんを膝にのせてこの表情です。ニヤリ



(藤原)
2018.01.10 12:05

本棚に

朝、出社すると私の机隣の本棚に新しい仲間が増えていました(笑)
その名も鐔大観!
これ、けっこう古い資料のはずですが箱の中はとても綺麗で大事に保管されていたことがうかがえます。
そしてこの資料の中身がすごい!
本の中には様々なデザインの刀の鐔(つば)が載っています。
これをデザインして彫金したなんて!元禄(1688-1704)から享保頃とのことです(1716-1736)
そもそも刀の鐔にこのような世界があるとは知りませんでした。。。
いずれも75㎜前後の大きさです。




躍動感があってすごい迫力です。グワァっと今にも出てきそうです。










ここでは全部をご紹介出来ませんが、この他にとてもたくさん作品が載ってました。
ご興味ある方は、好摩にお越しの際にぜひご覧になってみてください。
(藤原)
2018.01.08 14:38

事務所隣の時計

事務所隣の社長室?兼打合せ室に古時計が付きました。
かちかちカチカチと時を刻んでいます。
大和田はこの音に追われて仕事がはかどります(苦笑)とのこと(笑)
ところで余談ですが、時計の針は「10時9分33秒」の位置が最も美しいとのことで、あの無印良品の販売マニュアルの「ムジグラム」でも針はこの位置にしてディスプレイすることになっているそうです(藤原)


2017.10.16 15:38

コオイムシ

好摩の駐車場の水たまりに虫が泳いでいました!

拡大するとこんな感じです。

調べるとコオイムシというらしいです。
2017.09.25 19:10

南部赤松

好摩の刻み場に行ってきました。6mの赤松が刻まれていました。ゆるやかで自然なラインがとても綺麗な太鼓梁に仕上がっていました。
2017.09.20 18:21

好摩作業場

市内から好摩に向かってくると、好摩作業場の南側がこのように見えてきます。
改めて写真でみるとすごく長く感じますね~。


2017.07.18 07:18

夕日

現場から好摩に帰る道中。
岩手山の真中に沈む太陽。
この写真の直前には山の稜線が白い明かりでくっきりと縁取られていました。
とても感動しました。

2017.07.15 10:57

バンビ(子供ではないけど)

現場に行くために好摩を出たら、
道路わきに・・・? 何かいます



車から降りて近寄ってみると・・・・オッ!?





シカさんでした♪



とっても可愛いですね。(でも車道に飛び込まれたら大変)

思い切って近寄って写真を撮ろうとすると



さすがに逃げちゃいました(笑)
2017.04.26 08:22

大和田作業場

車いすでも家具や小物の加工が出来るように、大和田専用加工場があります。



1 | 2