杢創舎好摩便り
<< 2018年08月
新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
2018.07.01 12:22

モルダーの刃

 注文していたモルダーの刃金が届きました。これで、色々な厚さの板の加工が出来ます。製材時には、どうしても必要外の厚さの板も調整の為に出来てしまいますが、それらを生かして使いたいと思っています。無論、実が無くても使える場面はあるのですが、大工曰く実があると張りやすいのだそうです。
2018.06.30 12:07

シーベリーと山羊

 好摩の畑脇に植えたシーベリーやブルーベリーも元気に育っています。その木越しに山羊が見えて声を掛けると振り向きます。
2018.06.29 14:07

上田堤の垣根道

 通勤路の上田堤です。古い街並みの緑の垣根がまだ残る地域です。
2018.06.28 13:50

ハプニング

 突然、お隣で屋根の塗り替えをしていた塗装屋が屋根から落ちて来て、玄関ポーチをペンキだらけにしたとの連絡を受けて、見て来ました。モルタルに沁み込んでいるので、塗り直すしか無さそうですが、足場も掛けないで屋根に上がるから駄目ですね・・・・とんだ災難です。
2018.06.27 16:48

赤松の板

6mの赤松の板材が加工場に置かれていました。
すごい長さです。何に使われるのか楽しみですね。
2018.06.25 14:34

作業場

好摩の木材置き場には大工造作で主に使う、節の少ない材料を種類毎に分けて立掛けてあります。
2018.06.23 13:50

青空と櫓

 好摩の櫓から見上げた青空にはクジラ雲です。
2018.06.22 10:23

レア鎌

 大きく太い鎌を大工に研いでもらいました。草ではなく灌木をなぎ倒す山仕事で使ったものだそうです。




2018.06.20 11:52

竈仕上げ

 竈の修繕が終わり、最後の仕上げを相川がしていました。絵心同様に上手です。「茅畑の風が気持ちいいぞ」と声を掛けたら、風を感じて来たようです。建築士を目指しているので、自らの手で造る事と、自然の環境を感じることは設計にはとても役立つと思います。
2018.06.19 11:42

べに花

 べに花のドライフラワー造りをしている専務です。絵になる風景と思い写しました。
<<前へ  6 | 7 | 8 | 9 | 10  >>次へ