<< 2018年05月
新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
2018.03.18 13:47

鉈屋町蔵修繕

 1階の構造補強を詩乍ら建物の歪みを直し、屋根の腐食した登り梁も取り替えて、屋根の下地板まで梁進めました。来週は屋根葺きが始まります。












2018.03.11 10:38

鉈屋町の蔵修繕

 腐食して腐った柱の継ぎ直しまで構造補強工事が進みました。現代的に金物補強も行いますので、そこは昔と今との融合の技が相まみえます。







 


 看板に構造補強の情報を新たに入れ替えました。









2018.03.09 10:33

鉈屋町の蔵修繕

 蔵の構造補強は外周部の補強柱が大方取り付いて、かなり下がっていた2階床の水平レベルも直りました。

 外部の腐食した柱の下にはこうした頑丈な楚石があるので、これらは利用して土台を入れ込み腐食柱は継ぎ直しをしながら取り替えることになりますので、柱が2重に立つ丈夫な構造になります。問題は腐食の原因の雨水の浸水なので、外周部に側溝を置いて対策を取る予定です。
2018.03.08 17:00

鉈屋町蔵修繕

 構造補強工事が進んでいます。


2018.03.07 11:32

鉈屋町蔵修繕

 現場内で必要寸法を取り、その場で刻みが始まりました。何時までも見ていたくなる、手際のよい速度と正確さで作業が進んでいました。






2018.03.06 12:28

鉈屋町土蔵の修繕

 10センチ近く傾いた大黒柱の立て直しがはじまりました。









大黒柱の両側から車知栓継ぎで差し込まれた部分を外して可動域を高めて立て直しをしています


 最終的にまた元通りに組み直しが出来る大工の昔からの仕口の凄みです。わたしはこうした技術をこれからの大工を目指す若い人たちに伝えて行きたいと涙ながらに思うのです。

 外周部をこうして全体的に持ち上げて各部の調整をしていました。最終的には外柱の腐食部の継ぎ直しも予定しています。



2018.03.05 11:29

鉈屋町蔵修繕

 今朝写した写真です。土蔵の構造補強材の運び込み中のものですが、いよいよ本格的な大工事の始まりです。とにかく外周部の柱が腐食してその姿を留めておらず、かなり斜めに倒れてへんけいしているのです。








2018.02.08 09:58

肴町の解体

 解体工事は、骨組みを露わにしたので、大工の応援待ちで、その時には一気に解体予定で現在中断しています。もう直ぐ他の現場を終えて来てくれると思います。
2018.02.08 09:54

鉈屋町の土蔵修繕

 梁の汚れを落としたので、柿渋で古色仕上げに取り掛かっています。
2018.01.31 10:36

鉈屋町の土蔵修繕

 土蔵の修繕工事現場では、埃が出ない今のうちにと云う事で、塗装の専門職が乗り込み、世長年の汚れを落として、古色仕上げ前の磨きをしています。







 私は、大工の伝統もさることながら、こうした塗装職人の技術も後世に伝えたいものとして、とても大切に感じています。
1 | 2