<< 2019年01月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
2019.01.31 10:00

ぶらり歩き紺屋町

 毎度のブラ歩きですみません。今日は、ござ九前の通りと中津川縁の写真を使わせていただきます。春が来たらまたこの界隈の散策をしたいと思います。遠方からの友有れば是非とも連れて来たいとも思いました。


















2019.01.30 12:54

岩手銀行赤レンガ館内部

 今日は午前中リハビリの為、更新が遅れてしまいましたが、またまた、岩手銀行赤レンガ館の内部の写真です。昔の歪んだ木製建具のガラス越しに見える中津川沿いや中の橋の風景も素敵でした。しかし、明治の大工技術や彫刻職人の技術の高さに岩手盛岡の職人力に心打たれました。無論建築家のセンスもあるとは思いますが、それを成し遂げられる名もなき人々の集団が居てこその成せる技だと感じた次第です。そは、現代にも通じる話ではないでしょうか






















2019.01.29 10:13

岩手銀行赤レンガ館

 昨日に引き続き紺屋町歩きで写したのは定番の岩手銀行赤レンガ館です。昨日は専務に「写真使い過ぎ!もう少し選別したものを使った方がいいんじゃない!」と言われてしまいましたが、建築屋としては、どれもが良くてなかなか一枚を選びきれないものだなァーと感じます。いずれにしても、盛岡の町には楽しくなる建物や風景が溢れている事をアピールしたかったとの思いなのです。まずは言い訳してから今日もまたレンガ館の外観で良い雰囲気の所をつかわせていただきます。東京駅と同時に建てられたとの説明を読んで建築家辰野金吾先生の設計士人生の醍醐味を感じる次第です。























 ガス灯だった頃の街の灯は素敵だったんでしょうね。盛岡ぶら歩きお勧めです。
2019.01.28 10:33

盛岡市内散歩

 昨日の日曜日の午後、紺屋町を夫婦二人でブラブラと散歩して来ました。ござ九は休みで、日曜日休みのお店が多くて残念でしたが、岩手銀行煉瓦館には入れて内部の見学も出来、その後は、中津川縁を歩いてこれたので、盛岡の歴史を感じながら長閑に過ごせて、「よし、春が来たらまた歩こう」と云う気持ちにさせていただきました。なかなか歩く事が少ないのですが、歩くほどに良い街だと実感できる気がします盛岡は。
































2019.01.27 11:41

東京都小金井公園にて

 辻井信行さんのピアノソナタ14番「月光」を聴きながら目を閉じて脳裏に浮かぶ情景に思いを馳せる毎朝の心地よさを、今は東京都小金井公園の江戸東京たてもの園での風景が閉じた瞼の裏側全面を占めています。








2019.01.26 14:12

薪積み上げ

 薪割りが進みこんなに積み上がりました。手前のはお客様ご家族で割ったもので、中央の駕籠に入ったものは行き先が決まっていて、積み上げた薪も本日完売してしまいました。でも、まだまだ玉切り材があるので、どんどん割ろうと思います。私も頑張るぞー・・・・笑




2019.01.26 09:51

手持ち箱

 南部赤松の椅子を製作する際は、住宅に使用した梁材の切り落としを挽き割いて造りましたが、その時残った板で写真の様な手持ち箱を作ってみました。三段重ねにしてもずれない仕組みなので、使い道はアイディア次第かなと思います。木のお店に椅子と一緒に展示して置きたいと思いますので、春になりましたら是非遊びにいらしてください。


2019.01.25 12:49

今日も割ってます。

 今日も薪割りしています。その横では薪割り機を使い、手割りできない大きな薪は機械を使用しました。












2019.01.25 10:41

冷え込みの朝

 今朝の盛岡は冷えましたね・・・そのお陰で岩手山がくっきりとして綺麗でした。でもまた、そのお陰で路面が氷ってとても危ないのです。明日はもっと寒くなる様なので、皆さん気を付けて運転しましょう!



 毎年薪割りをしていただくお客様用の薪玉切り材の準備も進みましたので、何時でも薪割り可能です。既によく乾いているし割り易くて楽しめると思います。
2019.01.24 14:11

薪割り

 先程、左半身麻痺になって初の薪割りに挑戦してみました。その様子を写真に写してもらったので掲載してみます。ご笑覧頂ければ幸いです。

まずは玉切りのナラ材を片手で引っ張り出します。

こうして起こして

斧を両手で持って振りかぶり

打ち降ろすもガンと跳ね返されてしまい上手く出来ませんでした。何度かやりましたが、一向に割れそうが無く諦めて、玉切り材を変えました。

何度もたたくうちに左手が外れてしまったので、右片手だけで振りかぶり打ち降ろしました。

これも何度も繰り返しているうちに割れ始めました。

ひびが入って落ちた丸太を落ちたそのまま叩くと割れました。

案外立てなくてもこのままで割れるものですね!気分爽快です。

そしてまた、立てて一気に割って気分よく完了です。明日も薪割りで体動かそうと思います。

2019.01.24 10:22

ログロード

 渋谷区猿楽町での打ち合わせの後、代官山駅前でランチを食べてから、かつて東横線が走っていた全長220mの線路跡地に誕生した新しい形の商業施設「 LOG ROAD DAIKANYAMA(ログロード代官山)」の下脇の道路を、それとは知らずに歩きながら、木の板張りの連なりに見惚れて歩きました。そして、代官山から渋谷駅裏道へ至る路地沿いの道の店舗は店のオーナーがDIYしてオープンしたと思われる雰囲気のお店があって、やっぱり歩くのは楽しい発見があって良いもんだと感じてきました。







 誰でもタイルを張ることが出来そうと思わせてくれそうなサービスステーションもありました。
2019.01.23 13:11

手直し訪問

 今回の東京では、確りと仕事もさせていただきました。その内容は、リノベーション中のお客様に、キッチンのバックカウンターに欅無垢板を郵送させて頂いた材料提供ですが、暖房で隙間ができてしまったので、そのメンテナンスの為に現地調査して来ました。そして、その翌日、「江戸東京たてもの園」を見学して来ましたが、とても広くて時間が無く内部全てを見ることが出来なかったので、日を改めてまた見て来たいと思います。

≒9mmも空いていたので、そこは埋木をして直そうと思います。



 江戸の農家の住まいは、岩手のそれとは違い、豊かで豪華だと感じました。



 前田國男氏自宅ではもう既に梅が咲いていました。


 平日の閉館時間間際なので、人通りも少なく良い町の全景が撮れました。


 これだけでも興奮したので、他の建物の内部は是非見たいので、また来ます。
2019.01.22 09:46

空気の光

 盛岡は朝日が差していましたが、北上より南のほうが雪が多いと聞いて、なんだか不思議な気分です。雪が少ないことは助かりますが、いわて雪まつりまでには十分な雪の量になってほしいなと、ここ数年の雪の少なさに願うばかりです。(栗城)

2019.01.21 09:36

寒空

 昨日は大寒という事でしたが、空からはモサモサの雪ではなく細かなみぞれが降っていました。なんだか今年は雪が少ないねといいながら、昨夜から急激に気温が下がり強風で今朝の道路はつるつるでした。名の通り、一年で最も寒い時期に差し掛かりました。感染力の強いインフルエンザも年明けからじわりじわりと広がりを見せているようですね。服装は暖かく、マスクで自ら加湿して、食事睡眠しっかりとしていきましょう。(栗城)

2019.01.20 11:55

朝稽古

 5歳の孫が極真空手の道場に通い始めたので、昨日朝の稽古を見学させて頂きました。師範の松村先生は、当社でご自宅を建てて頂いたり、同乗の浴室改装やトイレの修繕などもご依頼いただいたご縁もありますので、孫の入門は嬉しくありました。とにかく、子供たちの活気に溢れる発声や礼儀正しい振る舞いが本当に気持ちいいのです。健康体で風邪もひきにくくなるのではないかと思います。ご興味ございましたら、極真会館岩手道場で検索してみてください。松村師範は強くて優しく、話しやすい良い方ですヨ!そうそう、今日は矢巾方面での滝行に出ているらしいです。テレビでも紹介されるかもしれませんね・・・・








2019.01.19 11:33

玉切り

 乾燥が進む時期になり、薪の玉切りを始めました。今年の薪も早めに準備したいと思います。春が来れば私も薪割りで汗を流そうと決めています。既にご予約いただいているお客様もいらっしゃいますので、申し訳ございませんが、先着順にさせていただきたく存じます。
 なんか雑木をあまり伐らない流れが来そうな予感がしています。広葉樹の薪の入手も難しくなるのではないでしょうか?今のうちに針葉樹を上手に燃やす様に手慣れた方が良さそうです。煙突掃除は絶対条件ですね・・・




2019.01.18 08:31

南部赤松の椅子

 当社オリジナルの南部赤松の椅子が出来ました。南部赤松は岩手県を代表する樹木ですから、岩手の特産品にも成り得るかと思われます。これを春までに改良工夫しながら量産し、一気に販売促進したいものです。
2019.01.17 13:18

建具再生

 大改修現場用に元からあった建具を綺麗に掃除してまた使うために再生しています。無垢の木や和紙で出来たもので再利用できないものはありません。新しく出来て20年30年しか経過していないのに、壊してまた新しく建てているコンクリートや鉄骨の建物と違い、木で出来た住宅や建材及び建具などは必ずまた利活用できるのです。しかもいい味出しているのです。環境に対してこれほどのエコなものは無い筈なのです。そして、それが出来る職人の技を守り育てることがとても大切で重要だと思うのです。


2019.01.16 11:54

PTG

 今朝の「あさいち」では、病気・事故・災害・家族の死・・・。つらい出来事が起きたとき、悩み、もがくことで、心に前向きな変化が起きることがある、ということが、最新の研究で分かってきました。「PTG(Posttraumatic Growth)」トラウマ後成長と呼ばれ、アメリカを中心に研究が進んでいるとの話題が取り上げられていました。当社の車椅子大工の大和田を見詰めていると、洋平もそうではないかと思う所がたくさんあります。それだけではなく、周囲にいる仲間や先輩方にもその影響が波及していい関係構築が成されているのではないかと感じることがあります。同様に私自身も同じなのだと考えます。何時までも半身麻痺では嫌なのですが、何時かまた動く日を夢見ているし、支えてくれる家族や社員の皆への感謝の気持ちは大きく広がります。幼い頃に野山を駆け巡り感じた喜びや幸せの感情に包まれるに似た思いを身に纏える瞬間もあります。むやみに頑張ろうとするのではなく、少しだけでも見えた変化に嬉しくなるものです。例えば今日のリハビリでのボールの打ち返しが出来た瞬間にさえもガッツポーズが自然と出てしまいます。まさしく一歩一歩少しづつの歩みだとしても、前に進もうと考えられるようになっています。洋平はそれを飛び越して、こんなに凄い仕事が出来る様になりました。でも、何時か歩くとの思いは心の奥底にある筈です。共にありたいと思います。



 斜めの上り梁に立つ束柱の原寸を造り柱の墨を付けているところです。
2019.01.15 10:28

鉛筆削り

 昨日は、盛岡市菜園を専務と二人でぶら歩きして楽しんできました。何時もの車で通り過ぎる街が、まるで違って見えるものです。ここにこんな素敵なお店があったんだと、思わぬ発見に嬉しくなります。過疎化や町の衰退の原因は車なのではないかとさえ思ってしまうほどに、歩く事の有意義性を体感した次第です。そして、素敵な文具屋のペンさんで、惚れ込んで一目惚れしたのがこの写真の鉛筆削りです。左半身麻痺の私でもこれなら自分で鉛筆が削れるし、書くのが好きな私にとっての精神衛生上の妙薬にもなってくれそうです。









 何より、この鉋形状のデザインが一番ときめきました・・・笑
→筆箱にもなるのです。
2019.01.14 12:15

山々の美しさに魅せられて

 昨日も今日もとても穏やかでまるで春の訪れと間違うかのような冬らしくない日が続いています。その空気の中で岩手の山々が美しくて毎日魅せられています。今日は成人の日ですが、テレビでは18祭を取り上げていました。自分の18歳の頃、将来への夢を描いていただろうかと振り返ると、寂しいかな無かったと云うのが本音です。そして、何かを見いだせない苦悩にもがいていたことも確かです。でも、あの時にこうしていればとかああしていればと考えてみても、だとすれば今が無くなるのです。やはり、テレビの中の今を生きる若者が羨ましく感じるだけで、自分も今この瞬間を大切に明るく楽しく生きる事が大切なのだろうと思うのでした。



すみません、またしても歌の歌詞をコピーしてしまいました。

濡れた瞳で明日を目指す意味を
僕は今でも探し続けてるよ

笑われたりしないことが君の生きるゴールなの?
笑われてもビクともしないモノを探していたんでしょ

思い出せるかな 僕が今まで描いては路地裏にポイ捨てした夢の数
だけどこの街はそんな夢さえ吸い込んで新しい明日を吐き出す

騙されたりしないように生きるのに少し疲れたよ
アンテナの傘もとうにボロボロになってしまったよ

君の中のカナシミを喜ばせて
君の中のクルシミを勝ち誇らせて

なぁどうすんだよ?おいどうすんだよ
その影に隠れ震える笑顔の手を取れるのは
君だけだろう

悲しみは君の涙を栄養にすくすくと大きくたくましく今日も育っていく
ほらまたその大きな溜息が何よりの彼らのごちそうでヨダレ出して待っている

そうさヤツらの敵は君のハチ切れそうな
その笑顔と声さ それで木っ端みじんだ
君がどんな顔で笑うかを彼は知っているよ

打ち上げ花火みたいに笑う君がいるよ
君が笑わないとさ それじゃ思うツボさ
さぁいざ、迎えにいこう

君の中のカナシミを喜ばせて
君の中のクルシミを勝ち誇らせて

なぁどうすんだよ
おいどうすんだよ

その影に隠れ震える笑顔の手を取れるのは俺だけだろう
君の中のカナシミを喜ばせて
君の中のクルシミを勝ち誇らせて

なぁどうすんだよ
おいどうすんだよ

君の笑顔にさせてやろうぜ万歳三唱
万歳千唱

濡れた瞳で明日を目指す意味を
僕は今でも探し続けているんだよ
旅し続けているんだよ

(RADWIMPS『万歳千唱』より。作詞作曲:野田洋次郎)
2019.01.13 12:11

熊汁

 昨日は茅の刈り込みをした後で、お昼は熊汁を皆で楽しく美味しく頂きました。





 茅は冬が来ると自ずから蓄えた養分を地中に戻すので、春になると刈り込んだこの状態から新しい芽が出てどんどん増えて成長するのだそうです。また、この覆いかぶさる枯れ葉もこのまま養分になります。刈り込んでは再生する素晴らしい自然の力で循環するのです。

 噂程には臭味が無く美味しくて体が温まりました。

 前日の仕込みから全て毎回専務が作る杢創舎の母ちゃん汁です。

 流石に板倉は寒いので、春が来てからどんどんイベント活用したいと思います。


 良い位の量が溜まりました。昨年は、遠野で茅葺屋根の家に暮らしている方に差し上げましたが、今年は場内に茅葺の小屋を建ててみたいと思います。10㎡以下の小屋を裏庭の片隅にです。

2019.01.12 11:03

茅刈

 予定通り茅刈をしています。朝は寒かったのですが、日中は暖かくて、とってもいい天気です。人が入るとジャイアントミスカンサスの大きさがよく分かります。茅葺屋根の小屋を造ろうかと考えています。未利用バイオマス発電としての活用が期待されるところなのです・・・








2019.01.11 11:52

裏庭の景色

 運動を兼ねて、裏庭まで歩いて行くと、この景色が望めます。姫神山は何時見ても美しく感じます。明日は、茅の刈り込みをしたいと思います。今年は色々とイベントを計画したいと思っています。




2019.01.10 13:10

教え

 昨日の墨付け指導のみならず、女性大工への技術指導にも存分に気持ちを注ぎ込んでくれている遠山棟梁です。厳しく諭すだけでなく、自らやってみせてくれていました。杢創舎が技術集団に成長できたのも、こうした教えのお陰なのです。時に職人を大切にしなければと云う言葉を耳にしますが、私は大切にするには、この技能を存分に発揮できる場を提供していくことではないだろうかと考えています。いずれにしても、杢創舎はこの年配の方々のご厚意と技術の傾注無くしては育つことが出来なかったと感じています。心から感謝しております。





















2019.01.09 13:07

大工棟梁の教え

 新年早々から、緑ヶ丘の新築工事の構造材の刻みと墨付けの残りが進んでいます。墨付けは車椅子大工の大和田が懸命に取り組んでいますが、何事も初めての事ばかりだし、車椅子のハンデがあるのです。それでもこうして頑張る姿に感銘し勇気と元気をもらっています。そして、その洋平の後ろには、長年当社で棟梁として活躍して定年退職した遠山大工が付き添い、貴重な教えを伝授してくれている姿を年初めにカメラに収める事ができました。本当に有難くて、感謝の気持ちで一杯になりました。



 梁の墨付けはこの棟木で完了です。来週は柱の墨付けをすれば完了です。

 登り梁を受ける棟木なので、屋根勾配成りの形に加工してから墨を付けています。まるで、技能五輪の課題に取り組んでいるような雰囲気になりました。

 若手がどんどん刻んでレベルアップしてきています。世の中の主流のプレカットの対局に在る本来の大工の姿をここで再現しながら必ず次世代へと繋いで参りたいと思います。
2019.01.08 10:32

ハゼノキ製材

 年初めに縁起良く、ハゼノキの丸太製材をしました。お神酒で清めて一本一本弓師さんも一緒に手伝いながらの製材工程でありました。調べると漆と似た木なので、集塵機のダクト廻りの雪は真っ黄色になっていましたからまるで黄金卿かと間違うほどにです。こいつあー春から縁起がいいやーと大笑いした次第です。でもまれにかぶれる人もいるそうなので、気を付けねばなりません・・・・




2019.01.07 09:00

年始

 先程、仕事始めの朝礼でした。年の初めに杣弓師さんから弓の御披露とご説明を頂きました。弓を張るほどに頑張る一年とさせていただきたいと存じます。そして、七日の今日は春の七草粥で胃腸を労わり健康に過ごせる一年でありたいと思います。料理担当は私が立候補いたしましたが、七種囃子を歌いながら、頑張りたいと思います。皆様におかれましても、健康で楽しい2019年でありますようにお祈りさせていただきます。
 いよいよスタートいたしました。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。




2019.01.06 10:42

休日最終日

 長期休暇も今日までで、明日は2019年の仕事始めです。我々の業界、特に職人の世界では、長らく長期休暇が望める環境ではなく、世間的にも精神的にもそれが普通でありました。特に週末の二連休など夢のまた夢でありました。でも今回こうして29日から6日まで初めての長期休暇をしてみると、心身共に安らいだ感じがして、本当に新しい年が始まるぞーと云った気持ちになりました。となると、今年はゴールデンウィーク休暇が長期になるとの話題もありますが、ある意味悪くない気がしてきました。話は変わりますが。最近テレビが面白くて目を休める暇なく次から次に色々な番組を見て楽しんでいます。昨日の竜馬暗殺の事実も嘘か本当かは分からないにしても、ワクワクしながらのめり込む様に観てしまいました。そして、今日の楽しみは「いだてん」と「サグラダファミリア」ですね。では、明日7日仕事始めの杢創舎ですが、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。



 私が写した写真ではなく、インターネットからのパクリ写真です。
2019.01.05 10:26

噴水騒ぎ

 今朝の松園の防火水栓がなんらかの原因で噴水状態でした。お正月時代劇「家康江戸を建てる」の水編を彷彿させる印象がありましたが、これより酷くならねば良いですね。何時の時代でも水の管理はとても大切です。水の国日本の豊かさに感謝して、そを大切にして行きたいものです。


2019.01.03 15:16

桜山神社

 今日もまた昨日に引き続き神社詣ででしたが、毎年必ず参拝しているのが盛岡の氏神様である桜山神社です。正月も既に三日なので、混雑も無くスムーズに駐車して、何時もの立ち並ぶこともなくお詣り出来ました。見上げると澄み渡る青空小春日和の温かさです、穏やかで過ごし良く、良い事がありそうな気配が嬉しいお正月ですね。平成31年が何元年になろうとも、皇太子徳仁親王殿下は昭和生まれで恐れながら私もほとんど同じ時代に生まれ過ぎゆく年月を共に目にして感じ、雲の上の人のお振舞いお姿の全てをテレビを通して実感してきたものですから、愛敬の念は禁じ得ません。なので、新しい元号が楽しみでもあります。






1 | 2