<< 2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のコメント
カテゴリ
2019.11.13 15:22

通勤路の昼と夜

 通勤路の昼の紅葉と夜の満月の景色です。




2019.11.12 09:45

霜月の好摩の風景

 好摩の風景は霜月由来の名月を目にする機会と渋柿を干すのと山羊たちの寛ぐ姿に心癒されております。






2019.11.11 08:45

小岩井農場街道

 先週の土曜日の小岩井農場を通ると素晴らしい紅葉でした。








2019.11.10 11:46

上棟式

 先日、写真家のマグダレナさんに撮影して頂いた雫石の新築工事現場では、上棟式が挙行されました。家族みんなで建てた栗の大きな大黒柱は立つところに祭壇を設けて、私が大工の祝詞をそうじょうして、大工とお施主様一緒に建物の四隅を清めての儀式は無事執り行われました。天候にも恵まれて、大安吉日の好き日で御座いました。






2019.11.09 10:55

岩手山冠雪

 いよいよ岩手山が白くなりました。言い伝えでは山が三回白くなると麓に雪が降り、麓は三回白くなると、根雪になるとの事です。今度の日曜日はタイヤ交換日和ですね。







2019.11.08 11:13

シデの木の手掛け

 昨日好摩の作業場内を歩いていると、「社長見て下さい、杢創舎初のシデの木ですよ」との家具担当柳村の笑顔がありました。今現在来週末完成予定で工事に取り組んでいる下川原の大改修工事現場で使う引き出しの引手の数が膨大にあるので、手早くたくさんの引手を作る方法をあみだしたとの事でした。ルーターを写真の様にセッティングして、長いRのものを創って必要長さにカットする方法で数量を確保しようとの考えです。そして、このシデの木が自社製材した桟積み板の中にあったのです。オノレカンバの様に固く、加工するとスベスベして手触りが良くて、光り輝きます。そして曲面加工がし易いらしく、とても良い感じです。説明を聞いている私はとても嬉しくなりました。






2019.11.07 10:37

みらいパスポート

 すっかり落葉が舞う季節になりました。昨日は、渋民中学校の「みらいパスポート」という授業に地元企業の社会人講師として参加してきました。この授業では、こどもたちがこれからの未来である社会人と直接会話することで、今までにはなかった生き方や価値感を知り、柔軟な心を育て、一人ひとりが幸せに生きていく社会の実現を目的としたプロジェクトです。私たちの他にも、7組の多種多様の地元企業さんも参加し、こどもたちが興味深々で話に耳を傾けていました。私自身、普段あまり中学生と会話のする機会がないのですが、個々に夢があること、今一生懸命取り組んでいることがあることに驚きました。この授業を通して私も学ぶことが多く、未来があるこどもたちのためにも、安心できる社会づくりを私たち大人がつくりあげていかなければならないと実感しました。(栗城)



2019.11.06 11:55

盛岡市都市景観賞

 今日の「盛岡タイムス」の一面、2019年度都市景観賞に当社で鉈屋町のリノベーションした蔵が、選ばれたとのニュースが報道されています。現在はゲストハウスとして活用されています。なんかこの所新聞やテレビに取り上げられる機会が増えてしまい、恐縮至極なのですが、これまでの取り組みをどこかで認められているのかと思うととても嬉しいものです。他の写真は昨日の雫石の建て方の際に写したものです。



 世界的に有名な写真家のマグダレナ・ソレさんです。沢山写してくださいました。

 墨付け棟梁の大和田も来ていました。自分の墨付けが上手く組み上がるか気になるもんです。





 安全第一、フルハーネス装着の大工の背中
2019.11.05 09:42

雫石の建て方

 昨日は、雫石の建て方現場で、大黒柱を立てる際にお施主様のお子様たちが参加するイベントが行われて、その様子をマグナレダ・ソレさんが撮影してくださいました。もしかすれば、ドキュメンタリー映像にしてくださるかもしれませんので、今からとても楽しみです。そして、昨日の岩手日報の一面のコラム「風土計」には、お東日本大震災大津波の復旧に頑張る陸前高田消防分団の屯所横にお風呂場を当社で造りに行った事が紹介されていました。この様に嬉しい11月の4日でありました。


















2019.11.04 13:57

光を感じる秋

 光を感じる秋(とき)の写真は、正法寺での撮影です。昨日は、真弓定夫医師の人間治癒力のドキュメント映画の試写会に参加して、見事なまでの人間力賛歌に心震える想いをしてきました。「甦れ命の力」です。麦の子保育園の園長先生のお話や、自然分娩の吉村医師も映画に登場していたのですが、何故かごく自然に頬を伝う涙を拭っていました。自分が何を食べているのかを考えさせられる尊い時間でありました。








1 | 2 | 3 | 4 | 5   >>次へ