<< 2019年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
2019.02.21 10:06

梅咲く国際文化会館

 まだ2月半ばですが、梅が咲いている国際文化会館でした。
2019.02.20 13:26

ケヤキ坂

 ケヤキ坂から見えた六本木ヒルズ、東京はこの天気です。
2019.02.19 10:07

場内を歩いていると色んなものに目を奪われます。
足元をみると溶けた氷のなかで水がたまっていて
きらきらしていて綺麗だなと思いました。
写真の氷は地層のようだなと思いました。(相川)


2019.02.18 08:18

休日

今日も寒いですね。
こちらは、少し前に猊鼻渓に行ったときの写真です。
舟下りでは炬燵に入りながら船頭さんのお話が聞けて
とても新鮮でした。
また違う季節に行ってみたいと思います。(相川)

2019.02.17 12:14

材木町の大改修現場

 材木町通りを歩くと、駐車場の向こう側に現在リノベーション中の現場の屋根が見えていました。
2019.02.16 13:26

脱輪車両

 遠い前方に脱輪車両が見えます。怖い雪道安全運転しましょう
2019.02.15 11:12

ギャベ

 赤松の椅子用に材木町の純木家具さんで買ってきたギャベを敷いてみました。座り心地良くて最高です・・・がしかし、椅子が少しがたついてきてしまいました。
2019.02.14 13:31

額完成

 お子さんが書いた絵を飾る額が完成しました。槐枠で、台座は欅です。
2019.02.13 12:09

木工品

 木箱に寿司下駄と数々の木工品が集まって来ました。


2019.02.12 11:07

杢創舎文庫

 久し振りの杢創舎文庫です。これは本当に面白くて楽しい本です。自分の暮らす岩手がより一層身近に感じて嬉しくなると思います。
2019.02.11 13:28

カッティングボード

天然石スレートを取り外しできるカッティングボードが出来ました。好摩の「木のお店」で展示販売しています。今回は南部栗板で造りました。





2019.02.10 10:28

台造

 額を組んだので、今度は額を立てる台の製作中です。


2019.02.09 12:10

額造り途中

 額の縁が組み上がりました。こうやって次第に出来上がってきます。材は槐の木です。

2019.02.08 09:35

額造続き

 額造が進む作業風景です。角の留め45度を造り組み立てるだけになってきました。この作業をすると、小さな三角形の端材が沢山出来てしまい、積み木細工として面白く使えそうなので、取り置きます。


2019.02.07 10:56

額造

 お子さんが書いた絵を飾る額の依頼がありましたので、早速製作させていただいております。



完成イメージですが、この額は写真立てなので、もっと大きなサイズになります。
2019.02.06 12:59

冬の夕焼け雲

 冬の空に夕焼雲が浮かんでいる好摩でした。
2019.02.05 10:21

仕様材の選別

 広葉樹の板類を並べて造作加工の選別打ち合わせをする状態の写真です。栗・欅・栓と、とにかく色々な樹種の幅広の板があって、岩手の森の木が一堂に会したような風景です。
2019.02.04 13:25

貯金箱

 岩手銀行赤レンガ館に展示されていた、懐かしい貯金箱です。
2019.02.03 10:41

あられ組機械加工

 前回手刻みのアラレ組をマスターしたので、今度はルーターを使用した加工に取り組んでいます。でもまだ、ジグは使わず手鋸と機械の併用です。色々な手法を学んでいます。




2019.02.02 10:16

木箱完成

 四方アラレ組で固められた頑丈な木箱が出来上がりました。
2019.02.01 09:36

岩洞湖ワカサギ釣り

 冬の風物詩岩洞湖のワカサギ釣りの写真が、何故か現場写真の中に混ざっていました。写真の主は小笠原大工だと思います・・・笑






1