<< 2020年08月
新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
2020.07.03 11:31

文月の虹

 7月は和名で文月ですが、昨日は梅雨の晴れ間に自然が書いた手紙の様な絵になる美しい虹が架かりました。写真に上手く写せませんでしたが、月の上にも虹が架かって何か良い事ありそうな二日の夕刻でした。

 虹と太陽は繋がっていますね。

 雲の中に虹があるように見えました。

 美しく立ち上がる虹柱です。

 虹が二重に見えます。

 虹が二重なので、太陽はどうなっているのかと振り返っても特に変わりなく・・・

 月のこの右横に虹柱が出て、月雲の上にアーチが見えたのですが、上手く写せませんでした。

 今日はとても好天です。
2020.07.02 12:27

岩手山神社

今日はリビリセンターでの診察予約日でした。診察後は岩手山神社に参拝して湧水を飲んでから出社しました。その会社までの道中に、柳沢地区を通るのですが、可愛いい狐の子と遭遇しました。車を見ても逃げずにキョトンとしているので、車の窓ガラス越しに写しました。









 茅の輪を潜れるかと思ったのですが、外されてましたね。






2020.07.01 11:39

刻み完了の日

 大更の建て方予定は来週なので、刻みも大方完了です。その完了日は柱の仕上げなどが取り組まれていました。大更の建て方が進めば、次は岩泉の新築工事の墨付けと刻みが始まります。この様に次から次に墨付け刻みを行う事で若き世代の大工は木を扱う術を体に沁み込む様に身に付けて行きます。

 外部柱は角を落として八角形に仕上がりましたが、柱の受け金具が〇なので、柱脚は丸く加工されています。

 金物に合わせた微調整が続けられていますが、こうした時の手道具は繊細です。



 太鼓梁に立つ小屋束の微調整も最終局面です。





 左が杉の無節の柾目で右は比婆の無節です。どちらも綺麗ですが、樹種によってはこんなにも違いが明確です。

 杉7寸角の大黒柱は通し柱仕様の無節で綺麗な馬搬材です。



 今年入社の新人と一緒に教えながら刻んだ2年目大工たちです。
2020.06.30 09:32

野菜にも命を感じる時

好摩の当社裏庭の畑で元気に育つキュウリの蔓がネットの支柱にしがみ付いているのをみると、懸命に生きていると感じるものですね。また、色付いて赤くなってきたトマトにも命が宿ると感じながら眺めています。




2020.06.29 08:08

コーヒータイム

 昨日と一昨日は、滝沢の新築完成見学会を無事開催させて頂きました。お施主様にはご厚意を頂きまして、大変有り難くこの場をお借りして御礼申し上げますとともに、ご来場いただきました皆様方に心より感謝御礼申し上げます。写真は昨日の休憩時のコーヒータイムです。ウッドデッキでお湯を沸かして、森の中のキャンプ気分でした。





 自然の中なので、アブがたくさん飛んで来て、追い払っても追い払ってもきりが無い寛ぎタイムになりましたが、美味しいコーヒーを飲んで陽光差す森の中気分よく過ごしました。

 土曜日は生憎の雨でしたが、長く深い軒庇があるので、雨でも外で寛ぐことが出来ました。
2020.06.28 09:32

懐かしさの点景

 岩泉町大川地区に打ち合わせで行った時の写真には20代までの記憶と懐かしさの点景がありました。
















2020.06.27 09:13

本日は完成見学会

 生憎の梅雨空ですが、今日は滝沢の新築工事完成見学会を予定通り開催させて頂きます。写真はその会場の内部写真を紹介させて頂きたいと思います。ところで、何故梅雨に「梅」の字を使うのかを調べると、中国の揚子江周辺では梅の実が熟す頃が雨期にあたり、そのことから「梅」の字を使うようになったとされているとの事です。ただ、中国から伝わったときは「梅雨(つゆ)」ではなく、「梅雨(ばいう)」として伝わったそうですね。今朝のチコチャンの答えはどうだったでしょうか?














2020.06.26 15:06

太鼓梁の刻み

 太鼓梁の刻みは何時見ても楽しくなります。分かる人が見れば分かる場面の写真です。
















2020.06.25 10:56

木の名前色々

 竹中工務店大工道具館に行った記念で購入した手拭いですが、木の名前が色々あって凄い手拭いです。もったいなくて使ってませんでしたが、雨に濡れている社員がいたので、頭を拭くようにと言って貸してしまい、乾かしている途中で写しました。









2020.06.24 15:18

継手の数々

 昨日の続きの様な写真になりますが、手刻み作業場で見られた風景です。特に継手仕口の数々、プレカット構造の方が安い事は間違いありませんが、一生住む家ですから、こうしたところに費用を向けて頂けたらと思います。職人の魂が籠り100年を生きた樹木で組み上げる木組みの輝く構造空間に囲まれて暮らす生活は人生を豊かにしてくれると思います。
















[!画像9}

1 | 2 | 3 | 4 | 5  >>次へ