<< 2021年04月
新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
2021.03.07 12:17

宮古市へ行った日

 昨日は宮古市へ行って来ました。新しい区界トンネルは本当にあっという間に区界高原をぬけますね。でもその後の道中は、まだまだ道路工事中でしたから、業者さん方の必死の苦労が感じられます。そして、前出のさとう珈琲直売所さんにも顔出しして、送っていただいた杢創舎名入りオリジナルコーヒーの御礼もさせていただきました。戻りは夕刻の夕日に染まる高松公園の空を眺めながらの一日で有りました。

 佐藤衣料店さんです。ここがさとう珈琲直売所さんとなります。

 店主の佐藤さんです。明るく会話が弾む楽しい方です。

 素敵な店内です。



 陽光に輝く閉伊川でした。

 気が付くと夕日の盛岡に戻りましたが、道路事情が良くなると更に宮古とは近くなると思います。

 高松の池と岩手山です。

 白鳥は旅立ち準備ですかね。

 この時間は良い感じになりますね。

 高松公園の空をオレンジ色に染め上げる夕日です。
2021.03.06 09:38

車庫床補強工事

昨日は、岩泉町の車庫の床補強工事現場の確認と、新規修繕打合せに行って来ました。そして、夫婦で学生時代の懐かしい道を歩き、思い出にふけって来てしまいました。とても暖かくて、春が来たのは間違いないと感じます。ただ、名残雪との可愛い名ではない、毎年の春のドカ雪が何時来るのかと気になります。

 ワカサギ釣りはまだ頑張る人が見えました。でも氷の表面に水が見えて怖い感じです。

 工事前日の準備風景です。軽量鉄骨の鍔を切り落としています。

 上のCーちゃんで車庫入り口の補強カバーを被せました。

 この車庫の床下の構造部を補強しています。

 ここが既存部の受け梁です。

 車庫床根太スパンが1間飛んでいるので、中間に受け材を補強で入れて、3尺スパンの根太間隔としたので、車荷重的には大丈夫となりました。

 庭に咲いていたのは蝋梅でした。





 清水川が雪解け水で輝いていました。





 懐かしの、かようなへの山道です。
2021.03.04 09:35

窓から見ゆる山々

すっかり春めいてきましたね。自宅の窓からは、高倉山・三角山・丸森山に秋田駒ケ岳が望めます。特に朝は、白峰に朝日が当たってとても神々しく輝きますから、春が来たぞと感じる瞬間が増えています。岩手山も同様です。
















2021.03.03 11:59

鉋掛け

 手刻みには必ず鉋を掛ける場面が付いて回ります。大工の醍醐味でもある様な気がしますが、ひと昔もふた昔も前であれば、普通に成されていたことが急速に消失してしまっている今この時でも当社の作業場では、コツコツと取り組まれています。





 鉋を掛けた槐の柱です。

 暑くて汗が出ると云いながらの半袖姿でした。

 もう直ぐ傘寿の自分の倍以上を生きる棟梁に、息を止めて一気に掛けろと気合を入れられていました。

 昔は、こんなことしてたら怒られたものだとの棟梁の厳しくも暖かき教えが生き生きと存在しています。

 さて、教えられたとおりに頑張ります。

 息を止めて一気にって思うほど簡単には出来ません・・・



 フワフワで薄削りながら、幅がもう一つと本人が申しておりました。

 これも槐の木の大黒柱です。削ろう会レベルにはまだまだこれからですが、目指して頑張ろう
2021.03.02 09:37

手刻み終盤

 渋民の新築工事の構造材の手刻みが大方で、終盤追い込みです。期限内の完了が難しいと感じた車椅子大工が、とうとう自ら車椅子に乗りながらも手道具を手にして奮闘開始です。しかも後輩の指導にも熱意を感じる場面が多々あります。今日はそうした写真の数々をご紹介いたします。
















2021.03.01 09:46

ムク杉材の抗ウイルス性確認

表題の見出しの記事がメールで届きました。九州大学農学研究所で、インフルエンザA型ウイルスを用いて杉材の抗ウイルス性に関する実験を行い、感染力を99.9%以上低下させることが確認されたそうです。杉は、黄色ブドウ球菌の培養実験で、抗菌作用が有る事が実証されてもいるとも書かれており、新型コロナウイルスと同様にエンベロープを持つインフルエンザウイルスで抗ウイルス作用が確認できたことで、新型コロナウイルスにも同様の効果が期待できる雰囲気です。自然由来の災厄に自然の無垢の杉で対応できるとしたら、凄いことですね。今後の実験の成果が世に出てくることを切望して止みません。亜寒帯地域からの大規模伐採自然破壊を行った木材を輸入して使うのを止めて、近場の山の木で家を建てるべき時代です。




 杉の調湿性と芳香が関係しているのではないかとの事です。


2021.02.28 11:26

杢創舎印象写真

 車椅子大工のバスケ仲間の写真家勉強中の女性の方が来場して、素敵な写真を写してくださいました。



 これは撮影中のところを私が隠し撮りしたものです。












2021.02.27 09:42

二月の月

月の満ち欠けは「朔望」と言われ、太陽との位置関係で決まるそうです。太陽と同じ方向にある場合が新月(朔)、反対方向にある場合が満月(望)、その間に上弦・下弦(半月)なのは皆様ご承知の事と存じます。今週の好摩の夕刻上空の月は、月齢10.3。11.3。12.3。と進むのが見えて、昨日は満月手前の月齢14.3を満月の如くに感じていましたが、暦を調べると満月は今日でスノームーンと呼ぶのだそうですね。さて、今朝の自宅の窓からは、暁月夜の満月が真正面に見えていました。

 今週月曜日の夕刻です。

 同上で、月齢10.3長潮。

 今週木曜日です。

 同上で、月齢13.3中潮

 昨日金曜日の夕刻好摩上空です。

 同上で、月齢14.3大潮・・・満月と思ってました・・・

 今朝土曜日の暁月夜満月です。

 今晩17時頃はスノームーンですね。

 月を眺めていると直ぐに月は消え、この景色となりました。
2021.02.26 11:55

感激の香り

 宮古市に当社でご自宅を建てさせて頂いた、佐藤洋品店様から当社のロゴ入りのコーヒーパックと珈琲豆が届きました。早速頂くと、事務所内がコーヒーの良い香りに包まれて感激と感謝の一入でした。



 「S」は松の木を担ぐ私澤口のイメージとの事です。これが突然届くのだから、嬉しくて感激しました。

 コーヒー好きの多い盛岡ですから、宜しければ是非宮古市の佐藤珈琲焙煎所さんもお訪ね頂けたら幸いです。素敵な店主さんとの喋りも楽しいですよ。

2021.02.25 09:27

岩泉町完成写真類

引き続きの完成写真です。岩泉の新築工事でした。

 システムキッチンを修繕再生した木製キッチンです。コンロやレンジフードに水栓金具類は新品です。

 流し台背面の収納カウンターです。

 テレビ台も造り付け家具となりました。

 勝手口の仕切り壁は、収納棚壁となりましたが、小幅板の端材を利用して造るコストパフォーマンス仕立です。

 陽当たりの良い縁側を想起させるリビング脇の土間には、ご近所さんがいらしても直ぐに腰かけてお茶できるベンチが置かれました。陽当たりが良くサンルームにもなります。勝手口に続く土間なので、色々と置ける便利な空間です。
1 | 2 | 3 | 4 | 5  >>次へ